travel 旅行情報

パラオ旅行でおすすめしたい人気ホテル10選|高級ホテルやファミリー向けまで

パラオ旅行でおすすめしたい人気ホテル10選|高級ホテルやファミリー向けまで

パラオには約40のホテルがあり、そのほとんどが最大の都市であるコロール島に集中しています。はじめてのパラオ旅行となると、たくさんのホテルから旅行目的にあったホテルを選びたいですよね。

「大きな客室があり日本語も通じるファミリー向けのホテル」、「挙式やハネムーンにもおすすめなちょっとロマンチックなホテル」、「観光に便利な立地でコストパフォーマンスが良いホテル」など、目的が違えばぴったりのホテルもさまざまです。

そこで、今回はパラオ旅行で人気のホテルを厳選し、予算やアクセスとともにホテルのおすすめポイントをご紹介します。ぜひ旅行計画の参考にしてみてください。

”家族旅行におすすめ”のパラオのホテル

治安も良く日本からも比較的近いパラオへは、家族旅行をお考えの方も多いのではないでしょうか。

ファミリーの場合、とくに部屋の大きさやセキリュティ、日本語が通じるかどうかなどが気になりますよね。ほかにも、小さな子ども連れの場合は部屋や施設の充実度も重要ではないでしょうか。

1. ホテルパラオガーデンパレス

コロールのダウンタウンまで徒歩1分の好立地にある「ホテル・パラオ・ガーデンパレス」は、日本人オーナーによる日本式のおもてなしが人気のホテルです。

パラオ最大級の広い客室には、広々としたキッチンに冷蔵庫や電子レンジ、トースターなどもフル装備。

最大収容人数は7名までということもあり、人数が多くても1つの部屋に宿泊できます。

ホテルパラオガーデンパレスの売りともいえるのが、屋上テラスです。晴れた日に屋上テラスから見る夕焼けや星空は格別な上、水遊びやハンモックも体験できるので子どもが喜ぶこと間違いありません。

建物も日本の強度設計に基づいた強靭かつセキュリティ面にも配慮された作りとなっているので、安心して宿泊できそうです。

  • 英語名:Garden Palace Downtown Koror
  • 住所:P.O.Box 40692, Koror, 96940
  • 電話番号:(680) 488 8012
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥17,000~
  • URL:http://garden-palace-palau.com/

2. コーブ・リゾート・パラオ

2016年にマラカル島東部にできたの注目ホテル「コーブ・リゾート・パラオ」。特徴はなんといっても、パラオ一の大きさを誇るラグーンプールです。

パラオには意外にも広々と泳げるプール併設のホテルが少ないので、コーブ・リゾート・パラオは貴重なホテルともいえます。海で遊ぶにはまだ早い子どもでも安心して遊べます。

食事も好評で、とくに海を眺めながらの朝食は最高です。コロール島でとれた野菜や果物などが盛りだくさんで、朝から栄養をたっぷりととれます。

ジェネラルマネージャーが日本人ということもあり、日本語も通じやすく言語の面でも安心できます。施設や食事、サービスの質を考えると非常にコストパフォーマンスの高いホテルです。

  • 英語名:Cove Resort Palau
  • 住所:10186 Malakal Road, Koror, 96940
  • 電話番号:(680) 488 4333 
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥35,000~
  • URL:https://www.covepalau.com/jp

3. パレイシアホテル

コロール島ダウンタウンすぐそば、街中にあるリゾートホテル「パレイシアホテル」。敷地内にはプールやフィットネスセンターも併設されており、それでいてほかのリゾートホテルと比べると比較的コストを抑えることができます。

敷地内にはパラオ最大の免税店「DFS ギャラリア・ディスカバー」もあり、時間がない方でもホテルにいながらショッピングも楽しめます。

常時ではないものの日本語が話せるスタッフが在籍しているので、コミュニケーションの麺でも安心です。朝食やサービスにも定評があり、家族連れの方にとってコストパフォーマンスの高いホテルです。

  • 英語名:Palasia Hotel Palau
  • 住所:P.O. Box 10027, Koror, Koror, Palau
  • 電話番号:(680) 488 8888
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥12,000~
  • URL:http://www.palasia-hotel.com

▼パラオタイムス限定クーポンを配信中
DFSギャラリアでクーポンを提示するだけで、特典を受けることができます。ぜひ、クーポン画像をスマホにダウンロードしてお使いください。


※画像を長押しタップして「画像を保存」もしくは「画像をダウンロード」を選択することで、クーポン画像をダウンロードできます。


”女子旅におすすめ”のパラオのホテル

エメラルドの海に、カラフルな魚。そんなインスタ映えの宝庫ともいえるパラオで女子旅をお考えの方も多いのではないでしょうか。フォトジェニックな写真撮影にもってこいのホテルをご紹介します。

4. パラオ・キャロライン・リゾート

フォトジェニックを追い求める女子にとって、宿泊施設も重要な撮影スポットのひとつ。そんな女子におすすめしたい宿が、アラカベサン島の丘の上に立つ、バンガロータイプの宿泊施設「パラオ・キャロライン・リゾート」です。

ウッドテイストで南国感漂うバンガローはどこから撮影してもインスタ映え必至です。

部屋から見えるサンセットも絶景で、さらにはコロールのダウンタウンから少し離れた立地とあって、夜には満天の星が広がります。

森の奥の少し辺鄙な場所にありますが、Wi-Fiはしっかり繋がりますし、トイレはウォシュレットを採用しているなど宿の設備は最新です。

  • 英語名:Palau Carolines Resorts
  • 住所:P.O. Box 1724, Koror, Palau 96940
  • 電話番号:(680)488 3755
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥18,000~
  • URL:http://www.carolines-palau.com

5. パラオ・プランテーション・リゾート

コロール島東部にある「パラオ・プランテーション・リゾート」は、ヤシの葉や岩石などの自然の素材を使い、3年余りの歳月をかけて建設されたこだわりのリゾートホテルです。

ジャングルのど真ん中に位置し、まさに大人の隠れ家リゾートの中、日本では味わえないような非日常を楽しめます。

屋根や床などはスタッフが手作りで作ったそうで、客室はもちろん、レストランやレセプションの周りまであたたかみを感じる雰囲気となっています。

客室、フロント、レストランとどこを切り取っても画になる上、ホテル内にはパラオ産の素材を使用した本格的なスパも併設されています。

常に日本人のスタッフが在中しているため、なにかあったときにもやりとりしやすいのもうれしいポイント。マラカル島にある「アンテロープゲストハウス」が姉妹店なので、時間に余裕があればぜひ立ち寄ってみてください。

  • 英語名:Palau Plantation resort
  • 住所:P.O.Box 1722, Koror, Republic of Palau 96940
  • 電話番号:(680) 488 3631
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥22,000~
  • URL:http://palauplantation.com

”カップルや夫婦旅におすすめ”のパラオのホテル

幻想的で非日常に浸れるパラオは、カップルや夫婦でも訪れたい国の一つ。グアムで挙式をあげてパラオでハネムーン旅行をする方も少なくないようです。

ふたりっきりの特別な時間を過ごすなら、少し費用がかかってもロマンチックなホテルに泊まりたいですよね。そんなカップルや夫婦での旅行におすすめのホテルをご紹介します。

6. パラオ パシフィック リゾート

アラカベサン島の海辺に建つ「パラオ パシフィック リゾート」は、誰しもがパラオNo.1と口を揃える日本人にも人気の高いリゾートホテルです。

ホテル内にはプライベートビーチのほか、水上バンガローや高級スパなど、ラグジュアリーで特別な空間が広がります。スタッフのサービスの質も高く、世界中のセレブからも高い評価を受けています。

美しいプライベートビーチはパラオ随一で、通常利用するのに99ドルかかりますが、宿泊者は無料で利用できます。ビーチは西側に開けているため、夕刻に真っ赤に染まるサンセットはまさに圧巻の景色です。

リゾート内で結婚式やフォトツアーもできるので、新婚旅行で訪れる方も多く、思い出に残すにふさわしい体験がここにあります。

テラスからは直接海へとつながっている、ミクロネシア初の水上バンガローは2人で過ごすにぴったり。ほかにも、スイートルーム、オーシャンビュー、ガーデンビューと予算に応じて部屋タイプを選ぶことができます。

サービス水準が高い分、宿泊料金もパラオのホテルの中では高額になりますが、予算を気にせず、とにかくぜいたくな時間を過ごしたい方におすすめのホテルです。

  • 英語名:Palau Pacific Resort
  • 住所:P.O.Box 308, Arakabesang Island, Koror 96940
  • 電話番号:(680) 488 2600
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥50,000~
  • URL:https://www.palauppr.com/jp

7. パラオ・ロイヤル・リゾート

マラカル島の東海岸に立つ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナル系列の高級リゾート「パラオ・ロイヤル・リゾート」。エメラルドに輝く海の目の前に位置しており、客室からの眺めはパラオ随一との呼び声も高いです。

海水を引き込んだラグーンや白砂のプライベートビーチも敷地内にあります。ほかにも人気のマンダラスパやプール、テニスコート、パターゴルフやビリヤード台などさまざまな施設が備わっており、ホテルの中でゆったりと過ごすことができます。

目の前にある海には専用の桟橋があり、ホテルから直接ボートに乗ることができるためツアーやダイビングに行くのも便利です。

ラグジュアリーな体験をしたい方に、ぜひおすすめしたいリゾートホテルです。

”ひとり旅におすすめ”のパラオのホテル

リゾート地であるパラオはカップルや夫婦で訪れる方も多く、ラグジュアリータイプのホテルが数多く点在しますが、やはり少々値が張ります。ひとり旅ならリーズナブルな宿泊先を探し、少しでも旅費を押さえたいですよね。

「宿代は節約して、ダイビングや離島巡りに予算を掛けたい」、そんなひとり旅の方におすすめのホテルをご紹介します。

8. ウェストプラザコーラルリーフ

コロールの北にあるアパートメントタイプのコンドミニアム「ウェストプラザコーラルリーフ」。コロールのダウンタウンまで歩いて行けるうえ、すべての客室から海を一望できるようになっている、コストパフォーマンスに優れたホテルです。

宿泊料金は50USドルほどで、キッチンや最低限必要な家電家具が備え付けられているので、現地のアパートに住むような感覚で滞在できます。食費を少しでも抑えたいという方は、現地の新鮮な食材を買って料理を作るのも楽しそうです。

9. アンテロープゲストハウス

コロール島の西に浮かぶマラカル島にある「アンテロープゲストハウス」は、パラオ・プランテーション・リゾートの姉妹ホテル。日本人が経営しており、行き届いたサービスで清潔と評判です。

ホテルはマラカル島にありダウンタウンからは少し距離がありますが、その分落ち着いた雰囲気であるのも特徴です。喧騒から逃れ、ただただのんびりするにはうってつけのゲストハウスです。

ホテルの目の前には桟橋があり、アンテロープゲストハウスが主催するほぼすべてのツアーはこの桟橋からスタートします。

参考:オプショナルツアー – Palau Plantation Resort and Antelope Guest House

通常のツアー(*)では参加者を各ホテルにピックアップしたり、待合室で待機する時間があったりするので、待つのが苦手な方や時間の許す限りパラオを満喫したい方におすすめしたいホテルです。

  • 英語名:Antelope Guest House
  • 住所:P.O.BOX 1722, Koror,Republic of PALAU 96940
  • 電話番号:(680)488 1059
  • 空港からのアクセス:車で約35分
  • 1泊あたりの参考料金:¥6,500~
  • URL:http://antelope-palau.com

*パラオ観光の定番であるロックアイランドのツアーはもちろん、シュノーケリングやシーカヤックを体験ツアー、イルカと泳げるツアーなどパラオには多くの魅力的なアクティビティツアーがあります。

詳しくはこちらの記事からご覧ください。

パラオのおすすめオプショナルツアー6選|定番スポットから人気アクティビティまで

番外編・船で楽しむパラオダイビングツアー

10. パラオスポート号

 

この投稿をInstagramで見る

 

This is, Palau Sport. 今日から三連休☀️ パラオスポートは マラパスクアクルーズ運行中☺️ #クルーズ #パラオ #フィリピンツアー

PALAUSPORTさん(@palausport)がシェアした投稿 –

今回紹介するホテルの中で最もユニークなホテルが、洋上ホテルである「パラオスポート号」です。

1日最大4本のダイブが可能なオールインクルージブスタイルのクルーズ船ということもあり、ダイビングやマリーンスポーツに集中して取り組めます。ダイビングの聖地パラオの海を最も満喫できるホテルといえるでしょう。

美味しい食事やデッキから見る満天の星など、ダイビング以外にもパラオを存分に楽しめるので、ダイバーカップルはもちろん、ユニークな旅行をしたい方にもおすすめです。

おすすめしたいパラオのホテル近隣にあるスポット

これまで紹介してきたとおり、パラオにあるほとんどのホテルがパラオ最大の都市である「コロール島」に集中しています。そのほかにも記事内では、カープ島、ペリリュー島、マラカル島、アラカベサン島のホテルも紹介してきました。

コロール島は、パラオ国際空港からのアクセスが便利で、多くのレストランやショッピングモールが集結しているパラオの”経済の中心地”ともなっています。

また、コロール島から出発するツアーや観光スポットがたくさんあるため、はじめてのパラオ旅行の場合は、コロール島内でホテルを予約しておけば便利で安心です。

下記の記事では、コロール島の特徴から、おすすめする周辺の観光スポット、レストラン、ホテルなど、コロール島を観光するための必要な情報について紹介しています。どうぞ、旅の参考にしてください。

コロール島の観光ガイド|パラオ中心地の名所・レストラン・ホテル情報

あなたにぴったりのホテルを選んでパラオを満喫

高級リゾートから洋上ホテルまで、さまざまなホテルをご紹介しました。パラオは島内間が橋で繋がっていることもあり、島々の移動がしやすいのが特徴です。今回紹介したホテルは島こそ異なりますが、空港からの距離はあまり変わらないので、目的にあったホテルを選ぶのが重要といえるでしょう。

非日常的な空間が広がるパラオでは、まだまだ素晴らしいホテルがたくさんあります。予算やシーンに合ったあなたにぴったりのホテルを探してください。

(執筆・写真協力:片岡力也)