useful お役立ち情報

パラオで日本語は通じる?日本との関係性や日本語由来のパラオ語について

パラオで日本語は通じる?日本との関係性や日本語由来のパラオ語について

親日国として知られるパラオでは、日本統治時代に日本語が使用されていた歴史もあり、日本語が由来となったパラオ語が1,000語近くあるとされています。アンガウル州では世界で唯一日本語を公用語に制定しているなど、日本との関係性が未だ強いことがわかります。

そこで、パラオと日本の関係性を整理したうえで、日本語由来のパラオ語や、実際どれほど日本語が通じるか、パラオに訪れた筆者の経験をもとにご紹介します。

パラオと日本の関係性

パラオは第一次世界大戦後、それまで統治していたドイツに代わって占領権が日本に移り、約25年に渡る日本統治時代が続きました。第二次世界大戦で日本が敗戦し、統治権はアメリカに移行されますが、ドイツ、アメリカ占領時代の悲惨な状況と比べると、日本はインフラの整備を行ったり、経済の発展にも貢献。コロール島とバベルダオブ島を結ぶ「日本・パラオ友好の橋(コロール・バベルダオブ橋)」も、日本企業が建設しています。

戦時中には日本軍に守られる出来事などが続いたことから、親日感情が強まったといわれています。

アメリカ統治に移行後も、日本による無償資金協力や、年間2万人以上の日本人観光客がパラオへ旅行するなど、日本とパラオは今も良好な関係を築いています。人口約2万人のパラオには約370人の在留邦人もいるため、ホテルやレストランなどあらゆる場所で日本人に遭遇することがあります。

パラオで日本語はどれだけ通じる?

公用語は英語とパラオ語

ホテルでも英語でコミュニケーションできると便利

パラオの公用語はパラオ語と英語です。元々使用されていたパラオ語に加えて、米国統治時代に英語が加わりました。

英語は、老若男女ほぼすべてのパラオ人が喋ることができます。実際に筆者が旅行した際も英語が通じなかったことは一度もありませんでした。しかし、発音やアクセントはネイティブ英語と少し異なるので、ヒアリングの際は若干の慣れが必要です。それでも、中学卒業レベルの英会話が身についていれば、旅行中困ることは少ないでしょう。

国民の総人口約2万人のうち、70%がパラオ人で、残りのほとんどが移住者です。なかでもフィリピンからの移住者が多く、一定数タガログ語を話す人がいます。仲良くなったパラオ人にフィリピン語を話すか聞いたところ、少しは話すことができ、理解もできるとのことでした。

現地で実験!実際に日本語はどれだけ通じる?

せっかくなので筆者もどこまで日本語が通じるか挑戦してみました。

まず道で会ったパラオ人に日本語で話しかけると、反応はありません。そこで英語で「 Do you know any Japanese word?」と聞くと、「アジダイジョーブ」と返ってきました。この方は「アジダイジョーブ」のみで、ほかにもランダムにパラオ人に話しかけると、多くても2、3単語しか知らない様子でした。

そこで、こちらから「センキョ」や「デンワ」を知っているかと聞くと「知っている」と答えます。どうやらどの単語が日本語由来なのか、とくに区別をしていないようです。

会話中にふと漏らした日本語を理解してくれることもあるので、英語がどうしても苦手な方は、現地のレストランやお土産屋でかんたんな日本語で問いかけてみましょう。

ちなみに「アジダイジョーブ」は日本語で「美味しい」という意味です。

レストランやホテルで聞いてみると、「日本語を話せるスタッフを呼んでくる」との返答。パラオの主要ホテルには日本語を話せるパラオ人スタッフや、場所によっては日本人スタッフが常駐していました。

言葉の壁が気になる場合は、ホテルを予約する前やレストランに行く前にホームページなどで対応言語を見ておくと安心です。どちらも高級クラスはほぼ確実、中級クラスでも半分くらいの確率で日本語が通じます。

日本語が由来となったパラオ語

実はパラオ語の中には日本語由来のものが多く混じっています。これは日本統治時代の言語の名残で、今でも実際に500近くの単語が使われているといいます。

日本語由来のちょっと変わったパラオ語をご紹介します。日本語と同じような意味なので、若年から中年層まで通じる単語です。

日本語由来のパラオ語の一例

  • アクシュ・・・握手
  • アジダイジョーブ・・・美味しい
  • イクラ・・・いくら(How much?)
  • イレバ・・・入れ歯
  • エリ・・・襟
  • カビ・・・カビ(賞味期限切れの意味としても使用)
  • カクジツ・・・確実
  • キツネ・・・狐(うそつきの意味としても使用)
  • ケンポ・・・憲法
  • ダイジョーブ・・・大丈夫
  • ダイトウリョウ・・・大統領
  • ダメ・・・だめ
  • ツカレナオース・・・お酒を飲むこと(「お疲れさま」が転じたもの)
  • ハエリ・・・流行
  • バッキン・・・罰金
  • ハンゲ・・・はげ
  • ヒドイ・・・ひどい=激しい(太陽の光や雨の程度が激しいという意味で使用)
  • フトング・・・布団(ベッドの分厚いマットレスも含まれる)
  • メンドクサイ・・・面倒臭い

参照:

よく耳にしたのが「アジダイジョーブ」。これはレストランに行くと一度は聞く単語です。「美味しい」という意味で、店員も日本人とわかると「アジダイジョーブ?」と笑顔で聞いてきます。

それに加えて「ツカレナオース」が「ビールを飲む」という意味だったり、「チチバンド」が「ブラジャー」だったりと、思わず笑ってしまうフレーズも多々あります。

また、日本統治下に日本名をよく聞いていた名残から、「タケシ」さんなどファーストネームに日本名を名付けられたパラオ人も数多くいます。

日本語でのコミュニケーションも楽しんでみよう

ツアーガイドであれば日本語が通じることも

パラオと日本との関係性をみると、いかに日本語が由来となったパラオ語が多いかがよくわかります。ただ、いつでもどこでも日本語が通じるわけではなく、どちらかというと日本語由来のパラオ語が多いことからなかに通じやすい日本語もある、程度で捉えておくとよいでしょう。パラオ人に出会ったら、ぜひ知っている日本語がないかコミュニケーションをとってみてください。「ダイジョーブ」は比較的通じやすいですよ。

ツアーガイドやインストラクターの中には、流暢な日本語を話すパラオ人や、日本からの移住者も多いので、安心してツアーを楽しめます。また、ホテルやレストランでは日本人スタッフや日本人マネージャーを見かけることもあり、他国と比べて圧倒的に多かった印象です。

言語にどうしても不安がある方は、あらかじめ日本人スタッフの有無を確かめたり、最低限の英語を覚える、もしくは指さし英会話帳などを持っていったりしましょう。

日本語が通じなくても、パラオ人が日本や日本人のことが大好きなことに変わりはありません。日本語・英語・パラオ語に加えてボディーランゲージも交えながら、パラオ人とのコミュニケーションを楽しんでください。