spot 観光スポット

アラカベサン島の人気ホテル4選|リゾートホテルに泊まるならおすすめ

アラカベサン島の人気ホテル4選|リゾートホテルに泊まるならおすすめ

ミクロネシアに位置するリゾート地・パラオはは数々の島から成り立つ島国ですが、なかでもリゾートホテルが集まるのが、アラカベサン島です。パラオ経済の中心地であるコロール島に隣接しており、拠点としてもアクセスのよい場所です。

せっかくパラオを楽しむならリゾートホテルで優雅に過ごしたいですよね。そんなアラカベサン島にあるリゾートホテルをご紹介します。旅の拠点を決めて、パラオを最大限楽しむ旅行の計画を立てましょう。

アラカベサン島のおすすめホテル

1. パラオ パシフィック リゾート

“パラオNo.1”といっても過言ではない高級リゾートホテル、「パラオ パシフィック リゾート」は、通称PPRの名でも知られており、日本人観光客にもたいへん人気のホテルです。

約300mものプライベートビーチでは、砂浜でゆっくりくつろぐも良し、ホテルからのレンタル器具を利用してシュノーケリングやカヤックを楽しむことも。さらに、パラオで唯一西側に開けているため、夕方には鮮やかな夕焼けを目の前に眺めることができます。

部屋タイプは水上バンガロー、スイートルーム、オーシャンフロント、オーシャンビュー、ガーデンビューに分かれており、2019年にはヴィラが新設されました。

プライベートビーチ

施設内にはダイビングセンターやビアガーデンも

オーシャンビューの部屋の前にはプールも

水上バンガロー

2019年に新設された「ラグーンビュー プールヴィラ」

2019年に新設された「ポンドビュー プールヴィラ」

オーシャンビューの内観。窓の外にはビーチが広がる

各部屋へとつながる渡り廊下

ホテル内に併設されている「メセキュウ ウォーターホール バー」

夜でもたくさんの客で賑わっている

24時間OPENのお土産屋では、パラオ産ビール「レッドルースター」も販売されている

プライベートビーチでぜいたくなひとときを過ごそう

パラオでぜいたくなひとときを過ごすなら、「パラオ パシフィック リゾート」はぜひおすすめです。やはり宿泊代も高額になりますが、それに見合うだけのおもてなしを受けられます。

客室、施設、レストラン、バー、プライベートビーチ、水上ヴィラ、おもてなし……どれをとっても一級品であることは間違いありません。空港までの送迎や、中心地コロールまでのタクシー手配、USドルへの両替など、さまざまな面で対応もしてくれるので、気軽に相談してみましょう。

  • 住所:P.O.Box 308, Arakabesang Island, Koror 96940
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥50,000~
  • URL:https://www.palauppr.com/jp

2. ベルー シー ビュー リゾート

2017年にオープンした「ベルー シー ビュー リゾート」は、アラカベサン島の高台に位置する隠れ家的リゾートホテルです。市街地コロールと海を一望することができ、屋上のテラスでは美しい星空を眺めながら食事やお酒を楽しむことができます。

空港までの無料シャトルの手配や24時間対応のフロントもうれしいポイント。レンタカー利用の場合でも無料の専用駐車場を利用できます。ロビーでは無料Wi-Fiも利用可能。

バベルダオブ島やコロールを一望できる屋上テラスで過ごす夜はきっと特別な時間になるでしょう。

3. パラオ キャロライン リゾート

緑に囲まれた「パラオ キャロライン リゾート」もアラカベサン島の丘に立つリゾートホテル。庭園、バー、テラスなどが併設されたバンガロータイプのホテルです。

ウッドテイストで南国感漂う空間は、写真映えもしてとてもユニーク。女子旅にもおすすめしたいホテルです。

コロールのダウンタウンから少し離れているため、喧騒から離れて静かに過ごしたい方にもおすすめ。森の奥の少し辺鄙な場所にあるためか、夜には満天の星が広がります。

それでもWi-Fiはしっかりと繋がりますし、トイレはウォシュレットを採用しているので日本の観光客にもうれしい設備はしっかりと整っています。

南国リゾート感を味わいたい方はぜひ「パラオ キャロライン リゾート」に宿泊してみてはいかがでしょうか。

  • 住所:P.O. Box 1724, Koror, Palau 96940
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥18,000~
  • URL:http://www.carolines-palau.com/

4. ローズ ガーデン リゾート

アラカベサン島の丘の中腹に位置する「ローズ ガーデン リゾート」は、日本人観光客が少なくちょっとした穴場的スポット。海を見下ろすことができるレストランやバーが併設された、木造建築のホテルです。

合計20室の客室は、シンプルなデザインながら快適な空間が設計されています。各部屋からはラグーンや周辺の島々を眺めることができ、もちろん無料Wi-Fiも利用できます。

素晴らしい景色を眺めながら、食事を楽しめる「ローズ ガーデン バー&グリル」では、手頃な価格でステーキ、シーフード、スープなどさまざまな料理を味わえます。それだけでなく、いわゆる大食いチャレンジの企画も実施しており名物コーナーにもなっています。

98USドルの参加料を支払い、1時間以内に「チェディウルバーガー」を食べきれば、参加料のバック+168USドルの賞金を手にすることができます。大食いに自信のある方は思い出づくりにもぜひチャレンジしてみては。

  • 住所:Ngerkebesang Meyuns, Koror, 96940 パラオ
  • 空港からのアクセス:車で約20分
  • 1泊あたりの参考料金:¥12,000~
  • URL:http://www.palaurosegarden.com/

アラカベサン島は優雅なパラオ旅行にぴったり

パラオ パシフィック リゾートで見つけた猫

パラオでもっともグレードが高いとされる「パラオ・パシフィック・リゾート」をはじめとしたアラカベサン島のリゾートホテルをご紹介しました。

レストランや居酒屋、大型モールやショップが集まるコロール島にもアクセスがよく、タクシーで15分ほどの距離です。バベルダオブ島にあるパラオ国際空港までの送迎も手配してくれるたり、深夜発着便でも柔軟にチェックイン・チェックアウトに対応してくれます。