useful お役立ち情報

パラオの世界遺産を観光しよう!ロックアイランド郡と南ラグーンの楽しみ方

パラオの世界遺産を観光しよう!ロックアイランド郡と南ラグーンの楽しみ方

海外旅行に訪れたらやはり外せないのが世界遺産。ミクロネシアに位置するパラオには、国で唯一登録されたロックアイランド郡と南ラグーンがあります。ひとくくりにロックアイランドと呼ばれることも多いこのエリアは、世界遺産のなかでも珍しい世界複合遺産に登録され、パラオ旅行の定番スポットともいえる人気の場所です。

ロックアイランドの多くは無人島ですが、それらを囲う海は世界有数のダイビングスポットが点在していたり、エメラルドグリーンの海に浮かぶ珊瑚礁の島、干潮時のみ現れる幻のロングビーチ、天然の泥パック体験ができるミルキーウェイ、クラゲと泳げるジェリーフィッシュレイクなど、魅力的な観光地がたくさん存在します。

ここではパラオの世界遺産・ロックアイランド郡と南ラグーンについて、おすすめの観光スポットや楽しみ方をご紹介します。

パラオで唯一の複合世界遺産・ロックアイランド郡と南ラグーン

ロックアイランドを進むボート

「ロックアイランド郡と南ラグーン」が世界遺産に登録されたのは、2012年のこと。第36回世界遺産委員会にて、パラオでも初となる世界複合遺産に登録されました。同時期に登録された著名な世界遺産として、ブラジル・リオデジャネイロにある山と海の間にある「カリオカの景観群(巨大なキリスト像がある光景)」があります。

世界遺産には、自然遺産、文化遺産、そして自然と文化の両面で評価された複合遺産の3種類があり、「ロックアイランド郡と南ラグーン」は世界遺産の登録全体で約20年ぶりとなる「世界複合遺産」として登録されました。

約1,000件ある世界遺産のなかでも複合遺産は38件しかない珍しい世界遺産です(2019年時点)。ほかの複合遺産としては、ペルーの「マチュピチュ」やオーストラリアの「ウルル=カタ・ジュタ国立公園(エアーズロック)」など、著名な世界遺産が多いのも特徴です。

「ロックアイランド郡と南ラグーン」の登録理由としては、おもに下記の3点です。

  • マッシュルーム状の島々が紺碧の海に浮かぶ優れた自然美
  • マリンレイク(海水が混じる湖)が生み出す多様な生態系
  • 2,000年から3,000年前に遡る定住者の岩絵や遺跡

いずれもロックアイランド方面のボートツアーやセスナーに参加することで、その光景を目にすることができます。きっと、世界遺産に登録されたのもうなづけることでしょう。

ロックアイランドの楽しみ方

ロックアイランドでシュノーケリング

ここではロックアイランドを実際に観光する際に知っておくべき情報や、ロックアイランドの観光スポットの魅力を解説します。

ロックアイランド内の観光スポットへのアクセス

ツアーボート

ロックアイランド内にある観光スポットにはツアーボートで移動します。ルートによって所要時間は変わりますが、パラオ観光の拠点となるコロール島から20分から40分ほどです。

基本的にツアー会社を通してツアーへ参加することが多いですが、現地のガイドがうまく周遊ルートを調整してくれます。観光スポットのなかでもカープ島がもっとも遠く、ミルキーウェイがもっとも近くにありますが、観光地ごとの移動時間が長くなりすぎないように合間にランチやシュノーケリングなどを楽しむ行程が組まれています。

ロックアイランドツアーは朝8時から9時ごろにホテルへのピックアップがあり、15時から16時頃にはツアーが終了してホテルまで送迎があるのが一般的です。

ロックアイランド観光には許可証が必要

ジェリーフィッシュレイク許可証

環境保護が進んでいるパラオでは、ロックアイランド方面のボートツアーやダイビングツアーに参加する際にはコロール州政府が発行する「ロックアイランド許可証」が必要です(10日間有効、6歳未満は不要)。

なお、ジェリーフィッシュレイクに訪れる場合に必要となる「ジェリーフィッシュレイク許可証」は1人あたり100USドル必要ですが、ロックアイランド許可証を兼ねることができます。

ただし、「ロックアイランド許可証」を購入後でも「ジェリーフィッシュレイク許可証」の購入に100USドルが必要となるため注意してください。ジェリーフィッシュレイクへの訪問を検討している方は、あらかじめ「ジェリーフィッシュレイク許可証」を購入するのが良いでしょう。

いずれの許可証も、購入はツアー会社を通じて行います。ツアー参加時に携帯しているかを確認されるので、ホテルに忘れず、持ち歩くようにしましょう。

ロックアイランドの見どころ・観光スポット

ロックアイランドにある、さまざまな見どころ、観光スポットをご紹介しましょう。パラオに来たら必ず訪れておきたい定番スポットです。

1. セブンティアイランド

上空から見るセブンティアイランド

青い海の中に、木々が茂ったマッシュルーム型の島々が浮かぶ「セブンティアイランド」はパラオ旅行のガイドブックやパンフレットの表紙にもよく使用される、パラオを代表する絶景です。

世界遺産に登録されているロックアイランドのなかでもひときわ美しいセブンティアイランドは、自然保護区に指定されているおり、船で上陸したり、近づくことはできません。しかし、セスナ機に乗れば上空からその全景を楽しむことができます。

コロール島を発着するセスナツアーの所要時間は40分から55分ほど。セブンティアイランドをはじめとしたロックアイランドの島々を上空から眺めるその体験は、まさに感動体験そのもの。オプションでセスナ機のドアを外すこともできるので、勇気を持ってたくさんの航空写真を撮ってみましょう。

2. ミルキーウェイ

穏やかなミルキーウェイ

ロックアイランド諸島の中央部・マカラカル諸島の入江にある、乳白色混じりのターコイズブルーの海です。ミルキーウェイを彩る秘密は、ロックアイランドを構成する石灰岩。石灰岩が海に溶け出し、海底に乳白色の泥として蓄積されているため、ロックアイランドのほかのエリアよりも緑に近い海の色をしています。

ミルキーウェイの泥を全身に塗る

海底にある泥には保湿、美白効果があることで知られており、取れたての泥を顔に塗れば天然パックの出来上がり。パックをしながら、全身に塗った泥で文字や絵を描いて楽しむのがミルキーウェイの遊び方です。最後は船からダイブして全身の泥を綺麗さっぱり洗い流しましょう。

3. ジェリーフィッシュレイク

ジェリーフィッシュレイクのクラゲ

「ジェリーフィッシュレイク」は、その名前の通りたくさんのジェリーフィッシュ(クラゲ)が住む湖です。

ジェリーフィッシュレイクに住むゴールデンジェリーフィッシュは、外敵がおらず毒が衰退し、人間にとっては無害です。そのため、数百万匹のクラゲと一緒にシュノーケリングができることから、ユニークな観光スポットとして人気のスポットとなっています。

無数のクラゲに囲まれて遊泳

一時期は気候変動の影響でクラゲが全滅し、ツアーが中断されていたこともありました。無害とはいえ非常にデリケートな生き物なので、扱いには十分に注意しましょう。クラゲたちに溶け込むように泳ぐと、金色に光るクラゲも相まって異世界にいるような感覚を楽しめます。

4. ロングビーチ

はっきりと現れたロングビーチ

パラオの「ロングビーチ」は、ロックアイランドのオモカン島にある”幻のビーチ”のこと。干潮時にしか現れないため、1日に1時間しか見られないことも多々あります。

ロングビーチで記念写真

ツアー当日は、ガイドが状況や時間を見ながらロングビーチが現れるであろうタイミングを調整してくれますが、やはり天候や月齢などに左右されてしまいます。海の真ん中に美しく伸びるロングビーチが見えたら、ラッキーです。

定番のジャンプショット

ロングビーチを透明度の海がきらきらと輝く様子は、どこから写真を撮っても絵になります。ロングビーチを背に、思いっきりジャンプ! 後ろに人が写り込まないように順番に写真を撮りましょう。ジャンプショットもガイドが上手に撮ってくれます。

5. カープ島

カープ島

豊かな森林に覆われた「カープ島」は、周囲に「ブルーコーナー」や「ブルーホール」などの有名なダイビングポイントが点在した小さな島。ロックアイランド内では唯一の宿泊施設「カープ・アイランド・リゾート」があり、ダイバーたちの拠点として利用されています。

ジャングルの中にあるストーンマネー

世界遺産の目線では、カープ島北部にある「ストーンマネー」がパラオの文化を今に伝える遺物です。500~600年ほど前にパラオで切り出して、約400キロ離れたヤップ島に運ぶ途中で石が割れたか重すぎたかで運ぶのを断念したまま放置されているといわれています。

ちなみに、「カープ島」の名前の由来は、まさしく広島カープからきているんだそう。

6. ウーロン島

ウーロン島

ロックアイランドの西部にある「ウーロン島」は、東インド会社の「アンテロープ号」が座礁した場所で、西洋世界にパラオが知られるきっかけとなった島です。救助された船員たちが母国のイギリスに帰国したことで、パラオとヨーロッパの交流がはじまりました。

ウーロン島の壁画

ウーロン島の壁画アップ

また、ウーロン島にはパラオ人の祖先として考えられているインドネシアのマレー人やニューギニア島のメラネシア人やポリネシア人が残した壁画があります。

写真に写っているのは断崖絶壁にある洞窟の天井に赤い塗料で描かれたもの。2015年頃まではロープを使って近づくことができましたが、足場が崩れやすいため現在ではボートから見るのみとなりました。

このような貴重な遺跡があることが、ロックアイランド郡と南ラグーンが文化遺産としても世界遺産登録された理由です。

パラオが誇る世界遺産でパラオの自然と歴史を存分に!

ロックアイランドのサンゴ礁の海

世界遺産「ロックアイランド郡と南ラグーン」のことを詳しく知っておくとよりパラオ旅行を楽しめます。文化と自然の両面で世界遺産に登録されるほどの場所で、ぜひ思い出に残る時間をお過ごしください。